厚生労働省、飲食業と理容業の厚生年金加入の督促対策を強化

日本の中小零細企業では、社会保険(厚生年金・社会保険)に加入せずに、国民年金と国民健康保険のままにしている事業者が非常に多いです。

なぜなら、国民年金と国民健康保険のままの方が毎月の負担が軽く済むからです。

中小零細企業の中には、「社会保険に加入したらうちは潰れてしまう・・・」という会社もあります。

ただ、法人化したら社員が自分ひとりでも社会保険には加入する義務があります。

今までは誤魔化しながら加入していなかった中小零細企業でも、今後は社会保険(厚生年金・社会保険)への加入をごまかすことができずらくなります。

なぜなら、去年あたりから日本年金機構などは、取締強化をしているからです。

そして、とうとう社会保険に加入していない業種として多かった飲食業と理容業にも手を付けるようです。

厚生年金加入、督促を強化 飲食・理容も対象  厚労省方針:日本経済新聞

厚生労働省は来年度から厚生年金に加入していない企業への督促対策を強化する。保健所などの窓口に事業許可の申請に来た際に加入状況を確認する対象業種に飲食業と理容業を加える。未加入の場合は日本年金機構に通報する。国税庁から納税情報の提供を受ける回数も年2回から大幅に増やす。厚生年金の加入を促し、老後の生活の安定につなげる。

美容院などは社会保険に加入していないショップが多いと言われています。

そもそも、美容師は年収が低い人が多く、貯金も少ないので、老後は金銭的に厳しくなる人が多くなることが予想されます。

また、飲食業は倒産が多い職種なので、いきなり仕事がなくなって収入が途絶える人も多い業種です。

収入が途絶えると、国民年金と国民健康保険ですら払えなくなります。

老後の蓄えは現役世代にしておかないといけません。

厚生年金に加入することによって、現役世代の手取りは減るかもしれませんが、老後にもらえる手取りは増えます。

また、「日本の年金制度は将来崩壊して、真面目に年金を納めても、将来もらえなくなるかもしれない」と言う人がいますが、それは間違った解釈となります。

なぜなら、年金制度の財源は厚生年金や国民年金だけでなく、半分は税金(消費税)だからです。

なので、消費税が上がることはあっても、年金制度が崩壊することは考えられません。その時は、日本という国自体が崩壊する時です。

また、消費税として年金の財源を日常的に払っているので、年金を現役世代に払っていないと、老後に年金をもらえなくなります。

これって、逆に損しているんです。

消費税として年金財源を納めている以上、年金は払った方がいいのです。

じゃなと、払い損です。

昨今、建設業では社会保険に加入していない事業者は現場に入れなくなっています。

国はそれくらい社会保険(厚生年金・社会保険)の財源確保に今は本気です。

今までは誤魔化せたかもしれませんが、今後はおそらく誤魔化せません。

だったら、できるだけ早く加入した方が、将来もらえる年金も増えます。

現役世代の手取りは減るかもしれませんが、現役世代からの準備が将来を豊かなものにします。

まずは、社会保険に加入するメリットから勉強し直すことをオススメします。

他社で融資を断られたなら
サービス 特徴
中央リテール »
おまとめローン(複数借り入れの1本化)。

他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。
※自分の収入では完済できないほど借金が増えてしまった場合は借金の減額相談をするという選択肢もあります。相談だけなら無料です。

最新金融ニュース 最新10記事

2017年5月5日

国民年金はちゃんと払った方がお得なワケ、滞納は損な理由

私の友人でも国民年金を払っていないと思われる個人事業主の友人がいますが、国民年金は毎月2万円弱の支払いなので、滞納なんてセコいこと考えずに、しっかり払った方がいいです。 「将来、年金がちゃんともらえるか分からないから」と …


2017年5月4日

銀行カードローンが年収証明書の提出を求める融資額を引き下げへ

4月12日にNHKの「クローズアップ現代」で「若者もシニアも破産急増!?銀行カードローン」という番組が報道されました。 この放送では、銀行カードローンの負の側面がクローズアップされました。 ただ、私としては「銀行カードロ …


2017年3月30日

厚生労働省、2017年から年間所得300万円以上で国民年金を払っていない人から強制徴収

厚生労働省は厚生年金だけでなく、国民年金を支払っていない人にも今年から厳しくなるようです。 国民年金の強制徴収拡大 所得300万円から 厚労省:日本経済新聞 厚生労働省は29日、自営業者らが加入する国民年金の保険料を強制 …


2017年3月30日

厚生労働省、飲食業と理容業の厚生年金加入の督促対策を強化

日本の中小零細企業では、社会保険(厚生年金・社会保険)に加入せずに、国民年金と国民健康保険のままにしている事業者が非常に多いです。 なぜなら、国民年金と国民健康保険のままの方が毎月の負担が軽く済むからです。 中小零細企業 …


2017年3月29日

ゆうちょ銀行がとうとうカードローンに参入、2019年予定
ゆうちょ銀行がとうとうカードローンに参入、2019年予定

日本経済新聞によると、ゆうちょ銀行が2019年を予定にカードローン業務に参入するそうです。 ゆうちょ銀が無担保融資 収益確保へ19年めど参入:日本経済新聞 ゆうちょ銀行は2019年をめどに貯金者向けの無担保融資を始める方 …


2017年3月20日

政府は会社員の「副業・兼業」を原則容認、問題は長時間労働の助長

本日の日本経済新聞に、政府が会社員の副業を容認するという趣旨の記事がありました。 副業、政府は原則容認へ  長時間労働へ配慮必要:日本経済新聞 政府の働き方改革実現会議は、会社員などが副業や兼業をしやすくなるような環境整 …


2017年3月19日

中国で個人間でお金を貸し借りをネットでするP2P金融が広がる
中国で個人間でお金を貸し借りをネットでするP2P金融が広がる

中国で、個人間でお金を貸し借りをネットでするP2P金融が急速に広がっているそうです。 中国、ネット融資急膨張  運用難、投資マネー流入 金融市場に不安も:日本経済新聞(2017/3/17) 中国で個人間のお金の貸し借りを …


2017年3月17日

全国銀行協会が銀行にカードローンの審査の厳格化を要請

日経新聞によると、全国銀行協会が過剰融資傾向にある銀行に対し、カードローンの審査の厳格化を要請しているようです。 全銀協と生保協、過剰営業自粛求める カードローンなどで:日本経済新聞(2017/3/16) 全銀協は各銀行 …


2016年12月22日

奨学金破産に陥る大学生やその家族、大学を中退して年収200万円以下に留まる人

先日、NHKのクローズアップ現代で「これからどうなる?この先どうする?徹底追跡“おカネ”報道SP」という番組がやっていたのですが、この番組内で奨学金を借りてアルバイトをして経済的に追い詰められる若者の様子が報道されていま …


2016年11月1日

神奈川県の公務員(一般、警察、先生)の給料・年収・退職金
神奈川県の公務員(一般、警察、先生)の給料・年収・退職金

「かながわ県のたより 平成28(2016)年11月号」に職員の給与が掲載されていました。 保険・福祉・土木などの行政職員、警察官、県立高校や市町村立小・中学校の教職員などの給与です。 つまり、神奈川県の公務員の給料額とい …


このカテゴリのすべの記事を見る »