専業主婦がお金を借りる時に必要となる書類・専業主婦が借りづらい理由、少なくても安定した収入が必要

専業主婦がお金を借りる時に必要となる書類

専業主婦がお金を借りる時に必要となる書類

専業主婦は自分に年収がないので、夫の年収の1/3まで借りられますが、以下の書類の提出が必要です。

  1. 夫の同意書(夫の年収で借りるので「借金していいですよ」という夫の同意書)

  2. 夫の年収証明書(源泉徴収票など)

  3. 婚姻証明書(婚姻関係を示す住民票など)。

専業主婦がお金を借りにくくなっている理由

改正貸金業法総量規制以前は、消費者金融などの貸金業者は利用者の審査はやっていましたが、上記のような書類提出による手続きはありませんでした。

お金を貸す消費者金融からしてみると、こうした書類の手続きが煩雑で信用調査などのコストもかかるので、専業主婦に対する貸し付けを控える方針を打ち出しているところもあります。

そのため、今まではキャッシングできたのに、2010年6月18日からの総量規制導入後に急にお金が借りられなくなってしまった主婦が出てきてしまい、中にはソフト闇金クレジットカードの現金化などが社会問題となっています。

主婦でも毎月安定した収入があれば借りられる

女性でも男性でも、「消費者金融」や「銀行のカードローン」でお金を借りるには、毎月一定の安定した収入があることが条件です。

総量規制では、専業主婦の場合は書類を用意すれば夫の年収の3分の1まで借りられるとなっていますが、それでも自分に少しでも収入があれば、貸す側ももっと貸しやすいですし、あなたの返済も楽になります。

たとえば「プロミスレディース」なら契約社員、派遣社員、パートやアルバイトなどで毎月一定の収入があれば、審査のうえ利用が可能となっています。しかも、30日間の無利息期間があります。

実際、女性の場合、契約社員、派遣社員、パートやアルバイトといった雇用形態の人が非常に多いですし、増加傾向にもあります。

そして、女性は男性よりもちゃんと返済する人が多いので、「消費者金融」や「銀行のカードローン」といった貸し手側としてみても、男性より女性の方が貸しやすいと言っている人もいます。

ですから、毎月、一定の収入があるなら、臆することなく申し込みしてみてください。

また、もしなんらかの事情で自宅から出ることができなくても、今の時代は自宅でできる仕事もたくさんあります。

お金を借りることも選択肢の1つですが、お金を稼ぐことも選択肢の1つとして考えると、より生活が理想に近づくと思います。