アメリカが利上げすると世界にどんな影響があるのか?米国利上げ後の世界

今年(2015年)に入ってからニュースや新聞では、「アメリカの利上げ」に関する報道を目にしないことがないくらい、米利上げが注目されています。

どのニュースも利上げ時期について論じていますが、私が気になるのは、「アメリカが利上げすると世界にどんな影響があるのか?」ということです。

全てを予測することはできませんが、アメリカの政策金利が上がることによる影響を考えてみたいと思います。

アメリカにお金が集まってきて、ドル高円安になる。

利上げするということは、金利が上がるということです。

今まで2%しか利息がつかなかったのに、急に3〜4%と利息が付くにようになったら、世界中のマネーはアメリカ以外からアメリカに集まってきます。

その結果、米ドルが人気になり、ドル高になります。

ドル高になった結果、円安になります。

利上げが続いたら、1ドル130円といった円安になる可能性もゼロではありません。

アメリカの株価が下がり、その影響を受けて、日本の株価も下がる

利上げするということは、アメリカの企業にとってみれば、お金を借りる時の金利も増えるということです。それはつまり、返済額も増えるということです。(住宅ローンで考えると分かりやすいと思います。)

同時に、アメリカ企業からしてみると、返済額が増えるので、今までのように銀行からお金を借りづらくなるということです。

その結果、アメリカ企業の業績が落ち、米国市場の株価が落ちる可能性があります。

米国市場下落の影響を受け、日本株も落ちる可能性があります。

ただし、株価は様々な要素や思惑によって成り立っているので、「実際にどうなるかはなかなか予想できない」というところが正直なところです。

また、利上げできるということは、景気が良いということです。(景気が良くないと金利は上げられないので)

そのため、好景気を背景に株価が上がるという展開も考えれます。ただし、上がり続ける株価は考えられないので、利上げ回数が進むにつれて、株価がドーンと下がることも頭の片隅に入れておきたいところです。

新興国の景気は悪くなる

2008年のリーマンショック後、アメリカが金利を低くしていたことで恩恵を受けていたのは新興国です。

アメリカにお金を置いても、たいして利息が付かないので、そのマネーは金利が高い新興国に流れていました。

しかし、アメリカが利上げすれば(アメリカの金利が高くなれば)、新興国に流れていたマネーがアメリカに戻ってきます。

その結果、新興国の株や不動産が下がり、企業の業績も下がり、会社をクビになる人が増え、新興国が不景気になる可能性があります。

ちなみに、日本から見た新興国は東南アジアなどですが、アメリカから見た最初の新興国はメキシコです。

米国債券が下落する

これはほぼ間違いないのですが、アメリカが利上げすれば、米国債券の価格は下がります。

金利と債券価格は逆相関で、金利が上がれば債券価格は下がり、金利が下がれば債券は上がる関係にあるからです。

米国債券にすでに投資している人は、利上げする前に(債券価格が下がる前に)売った方がいいということです。

他にも様々な影響があるかもしれませんが、上記のような影響を頭の片隅に置きながら、投資戦略を考える必要があります。

急いでお金を借りたいなら
サービス 特徴
プロミス »
初回30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

原則24時間最短10秒でお振込可能。土日祝日もOK。


←女性専用もあります。
プロミス レディース »
SMBCモビット »
「WEB完結」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。

10秒簡易審査。
アコム »
初回30日間無利息。
中央リテール »
おまとめローン(複数借り入れの1本化)。

他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。
※自分の収入では完済できないほど借金が増えてしまった場合は借金の減額相談をするという選択肢もあります。相談だけなら無料です。

お金のコラム 最新10記事

2020年6月16日

クレジットカードで買い物しすぎた主婦がカード代を払えなくなりブランドモノを売ってお金作った話
クレジットカードで買い物しすぎた主婦がカード代を払えなくなりブランドモノを売ってお金作った話

私の妻はクレジットカードで買い物依存に。。 いつの頃からか、私と妻はほとんど会話をしないようになっていました。。 いわゆる、仮面夫婦みたいなものでしょうか。 実際、その頃の私は他の女性と付き合っていましたし。。 そのせい …


2020年6月10日

クレジットカードの基礎知識〜国際ブランド、ビジネスモデル、リボルビング払い、審査基準など
クレジットカードの基礎知識〜国際ブランド、ビジネスモデル、リボルビング払い、審査基準など

昔から何も考えずに使っているクレジットカード・・・。 クレジットカードの仕組みを理解して使うことで、より安全にクレジットカードと付き合うことができます。 現金を払っているわけではないので、お金を使ったという実感が沸かない …


2020年5月31日

海外のネットショップで絵画を買うと関税がかかります。
海外のネットショップで絵画を買うと関税がかかります。

以前、とあるアメリカ人アーティストの絵画をネットで買いました。 絵画の値段は439ドルだったのですが、25%割引キャンペーン中に購入したので、329.25ドルに。 送料は62.20ドルだったので、合計で391.45ドルで …


2020年5月30日

NPOとは?ボランティアとNPO法人と株式会社の違い、NPO法人が生まれた背景
NPOとは?ボランティアとNPO法人と株式会社の違い、NPO法人が生まれた背景

近年、社会貢献をビジネスにする動き(ソーシャル・ビジネス)が活発になり、NPO法人が急増しています。 NPO法人の数はここ10年で10倍以上になり、2012年の段階では45,140件ものNPO法人があると内閣府から発表さ …


2020年5月29日

なぜイギリスはユーロを導入せずにポンドなのか?イギリスがポンドを使い続ける理由
なぜイギリスはユーロを導入せずにポンドなのか?イギリスがポンドを使い続ける理由

ヨーロッパの中心国の1つイギリスは、EUに入っていた時になぜヨーロッパの統一通貨ユーロを導入しなかったのでしょうか? 誰もが1度は抱いたことがある疑問だと思います。 イギリスだけがEUの共通通貨ユーロではなく、以前から使 …


2020年5月28日

借金大国である日本の国債が崩壊せず売れ続ける理由、国家の債務を減らす裏ワザとは?
借金大国である日本の国債が崩壊せず売れ続ける理由、国家の債務を減らす裏ワザとは?

国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体の続きです。 日本国家はローン地獄 2011年3月における日本政府の債務、つまり、日本の借金は924兆円。(国債及び借入 …


2020年5月27日

国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体
国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体

国債(こくさい)・・・誰もが一度は名前を聞いたことがあるけど、その実態はあまり知らないものです。国債に投資しているという人が周囲にいるでしょうか?意外といないものです。 以前、NHKの「真夏の夜の経済学」という番組で国債 …


2020年5月26日

定年制が生まれたのは19世紀末のドイツで政敵を追い出すため、日本の定年年齢の推移
定年制が生まれたのは19世紀末のドイツで政敵を追い出すため、日本の定年年齢の推移

以前、テレビ番組「カンブリア宮殿」を見ていたら、65歳以上でもたくさんの人が働いている会社が紹介されていました。 最高齢で77歳ですから、すごいです。77歳で正社員ですから。 そして、その会社の社長が「定年制」が生まれた …


2020年5月25日

会社更生法と民事再生法の違い、厳しい審査で手続きも複雑で経営陣が退任しなければならないのは・・・
会社更生法と民事再生法の違い、厳しい審査で手続きも複雑で経営陣が退任しなければならないのは・・・

以前、テレビ番組「池上彰の学べるニュース」で「会社更生法」と「民事再生法」の違いについてすごく分かりやすく説明していました。 そこで、「会社更生法」と「民事再生法」の内容と両者の意味の違いについてまとめてみたいと思います …


2020年5月24日

当座預金・手形・手形の不渡り・倒産・経営破綻、破産の本当の意味を分かりやすく解説
当座預金・手形・手形の不渡り・倒産・経営破綻、破産の本当の意味を分かりやすく解説

以前、テレビ番組「池上彰の学べるニュース」で銀行の「当座預金」「手形」「倒産」「経営破たん」についてすごく分かりやすく説明していました。 この4つの言葉の意味とそれぞれの関係についてまとめてみたいと思います。 当座預金と …


このカテゴリのすべの記事を見る »