信用情報が汚れてブラックリストに載らないために知るべきこと、盲点は携帯電話料金(スマホ料金)の支払い延滞

借りたお金の支払いなどがいい加減だと、信用情報が汚れてブラックリストに載ってしまいます。

正確には、「ブラックリスト」なるものは存在しないのですが、信用情報機関に返済遅延などの事故情報が掲載されてしまい、その情報はあらゆる金融機関が閲覧可能になります。

つまり、アナタの事故情報は、全て筒抜けになってしまうのです。

そして、この事故情報は5年間ほど信用情報機関に掲載されます。

住宅ローンや自動車ローンを組む時、クレジットカードを作る時、賃貸契約をする時などは、金融機関は信用情報機関の情報をチェックします。

何らかの審査に落ちてしまった時は、ブラックリスト(=信用情報機関の事故情報)に載ってしまったことが原因かもしれません。

信用情報が汚れる行為

「信用情報が汚れる行為」とは以下のような行為になります。

  • クレジットカードの引き落とし返済が3カ月以上できない
  • 学生時代に借りた奨学金の返済を3カ月以上延滞する
  • 携帯電話料金(スマホ料金)の支払いを延滞する

当然ですが、1か月だけでも延滞しない方がいいです。3か月の猶予があるということではありません。

一番注意すべきというか盲点となるのが、携帯電話料金(スマホ料金)の支払いの延滞です。

ついつい支払いを忘れてしまったり、銀行残高が少しでも足りなかったりすると、信用情報が汚れてしまい、ブラックリストに載ってしまうことがあります。

新作iPhoneが販売される度に「割賦払い(分割払い)」の審査に落ちる人が少ないようですが、これは過去に携帯電話料金(スマホ料金)の支払いを延滞したことが原因の場合が多いです。

というのも、携帯会社は審査に際に、過去の携帯電話料金(スマホ料金)の支払い履歴をチェックするからです。

過去に支払い延滞した人は今後も延滞する可能性があると考えるので、審査に通らないことがあるのです。

「私はクレジットカードの支払いはちゃんとしているし、奨学金は借りたことない」と思った人でも、携帯電話料金(スマホ料金)の支払いは意外と盲点となりやすいので注意が必要です。

お金が足りなくて延滞も、うっかり支払い忘れも、同じ延滞として処理されてしまうので気をつけましょう。