漫画家の収入の仕組み〜原稿料、単行本の印税、キャラクターの著作権料、電子書籍

フジテレビの「マネースクープ(MONEY SCOOP)」という番組で「漫画家の収入の仕組み」について特集していました。

現在、日本で一番売れている漫画は「ワンピース」だそうです。

全76巻の累計発行部数は3億2000万部以上にもなり、日本人一人あたり2.56冊持っていることになるそうです。

「ワンピース」の総売上は1280億円以上!

すごいですね〜。まぁ、ここまで売れる漫画はレアケースですが、番組では「まじかるタルるートくん」や「東京大学物語」を描いた江川達也さんが漫画家の収入の仕組みについて詳しく説明していました。

ちなみに、江川達也さんのピーク時の年収は3億円ということです!

漫画の原稿料

江川達也さんが少年ジャンプで「まじかるタルるートくん」を書いている時代は、1ページの原稿料は4,500円くらいだったそうです。

1週間分の原稿料(19ページ)は85,500円くらい。(4500 × 19 = 85,500)

1年間(49週)の連載だと年収418万9,500円に。(85500 × 49 = 4,189,500)

漫画家の原稿料は当時も今も1ページでいくらという計算方法なんだそうです。

新人漫画家の場合、1980年代で1ページ4500円、現在では8000円くらいが相場。

ただし、アシスタントなども雇うので、原稿料だけでは赤字になってしまうそうです。

それを穴埋めするのが、単行本の印税です。

漫画の単行本の印税

漫画の印税は単行本の値段の10%です。

「まじかるタルるートくん」が販売されていた当時は、単行本の値段は359円だったので、

【359円 × 10% = 35.9円 × 冊数】

が印税額となります。

単行本が100万部発行されると、単行本1冊で約3,590万円の印税収入となるというわけです。

連載が長くなれば、単行本の数は増え続け、以前出した本も売れ続けるという成功スパイラルに。

「まじかるタルるートくん」の場合、1年間単行本の印税は約2億円だったそうです。

ちなみに、漫画の場合、売れた数ではなく、印刷された数に対して印税が入ってくるそうです。

つまり、書店に並んでしまえば、たとえ売れなくても印税が入ってくるというワケです。

漫画のアニメ化

漫画が人気になると、アニメ化される漫画も出てきます。

アニメ化された場合、1話で10〜15万円の原作料が入るそうです。

おもちゃやゲームの著作権料

さらに、おもちゃやゲームが発売されると、ロイヤリティ(著作権料)が入ってきます。

「まじかるタルるートくん」の場合、ゲーム化されて売上の3%が入ってきたそうです。

定価5,800円のゲームソフトが30万本も売れて、キャラクター著作権料で約5,220万円もの収入に!

アニメの関連グッズだけで年収約1億円ほどになったとか。

漫画やアニメのパチンコ化

漫画の連載終了後も、パチンコ化されるとさらに収入になります。

「まじかるタルるートくん」は連載終了16年後にパチンコ化し、キャラクター著作権料が約3000万円になったそうです。

漫画の電子書籍化

さらに、最近の漫画界には新たな儲けの仕組みができています。

それは電子書籍です。

電子書籍の最大手はアマゾンのKindleですが、その印税は最大70%にもなるそうです。

紙の本の場合、漫画が読者まで届くまでに以下のように様々な業者が入ります。

【漫画家 – 出版社 – 印刷所 – 取次 – 運送業者 – 書店 – 読者】

これが、電子書籍になると中間の業者が一気に消えて、コストが一気に抑えられるので印税が大きくなるのです。

【漫画家 – 電子書店 – 読者】

ただし、電子書店の場合は売れた冊数(実売)で印税を計算します。売れなければ印税も入ってきません。

ちなみに、歌手のm.c.A・Tさん曰く、音楽業界の印税はトップクラスでも3.3%で実売で計算するそうです。

漫画の市場規模

漫画の市場規模は3,670億円なので、印税10%ということは、年間367億円を漫画家全員で分けるということになります。

市場規模の1%、つまり36億7000万円を売り上げれば、その10%、つまり3億6700万円を受け取れることになります。

一発当てられれば大きいですが、その裏には日の目を見ない漫画家も多いんでしょうね。

お金のコラム 最新10記事

2020年5月29日

なぜイギリスはユーロを導入せずにポンドなのか?イギリスがポンドを使い続ける理由

ヨーロッパの中心国の1つイギリスは、EUに入っていた時になぜヨーロッパの統一通貨ユーロを導入しなかったのでしょうか? 誰もが1度は抱いたことがある疑問だと思います。 イギリスだけがEUの共通通貨ユーロではなく、以前から使 …


2020年5月28日

借金大国である日本の国債が崩壊せず売れ続ける理由、国家の債務を減らす裏ワザとは?
借金大国である日本の国債が崩壊せず売れ続ける理由、国家の債務を減らす裏ワザとは?

国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体の続きです。 日本国家はローン地獄 2011年3月における日本政府の債務、つまり、日本の借金は924兆円。(国債及び借入 …


2020年5月27日

国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体
国債とは?国はなぜ国債を発行し続けるのか?プライマリーディーラーとは?国債の歴史から読み解くその正体

国債(こくさい)・・・誰もが一度は名前を聞いたことがあるけど、その実態はあまり知らないものです。国債に投資しているという人が周囲にいるでしょうか?意外といないものです。 以前、NHKの「真夏の夜の経済学」という番組で国債 …


2020年5月26日

定年制が生まれたのは19世紀末のドイツで政敵を追い出すため、日本の定年年齢の推移
定年制が生まれたのは19世紀末のドイツで政敵を追い出すため、日本の定年年齢の推移

以前、テレビ番組「カンブリア宮殿」を見ていたら、65歳以上でもたくさんの人が働いている会社が紹介されていました。 最高齢で77歳ですから、すごいです。77歳で正社員ですから。 そして、その会社の社長が「定年制」が生まれた …


2020年5月25日

会社更生法と民事再生法の違い、厳しい審査で手続きも複雑で経営陣が退任しなければならないのは・・・
会社更生法と民事再生法の違い、厳しい審査で手続きも複雑で経営陣が退任しなければならないのは・・・

以前、テレビ番組「池上彰の学べるニュース」で「会社更生法」と「民事再生法」の違いについてすごく分かりやすく説明していました。 そこで、「会社更生法」と「民事再生法」の内容と両者の意味の違いについてまとめてみたいと思います …


2020年5月24日

当座預金・手形・手形の不渡り・倒産・経営破綻、破産の本当の意味を分かりやすく解説
当座預金・手形・手形の不渡り・倒産・経営破綻、破産の本当の意味を分かりやすく解説

以前、テレビ番組「池上彰の学べるニュース」で銀行の「当座預金」「手形」「倒産」「経営破たん」についてすごく分かりやすく説明していました。 この4つの言葉の意味とそれぞれの関係についてまとめてみたいと思います。 当座預金と …


2020年5月23日

クレジットマスターの被害に合った時の対処法、カード番号が流出してしまった時の対処法
クレジットマスターの被害に合った時の対処法、カード番号が流出してしまった時の対処法

数年前から、クレジットカードの番号流出被害は問題となっています。 クレジットカードのカード番号を割り出す手法に「クレジットマスター」という手口があります。 クレジットマスターとは、カード番号に一定の規則性があることを悪用 …


2020年5月22日

インフレとデフレの意味と違い、物価上昇や貨幣価値下落が世の中に及ぼす影響とは?
インフレとデフレの意味と違い、物価上昇や貨幣価値下落が世の中に及ぼす影響とは?

インフレとは「インフレーション」の略で、物価が上がり続けること(モノの値段が上昇し続けること)。 その主な原因は、世の中にお金が余りすぎること。 「大量のお金 → モノがたくさん買える → 好景気」となりそうだが、そんな …


2020年5月21日

リーマンショック後の2009年の大不況なのに最高益を出した会社の利益の秘密とは?
リーマンショック後の2009年の大不況なのに最高益を出した会社の利益の秘密とは?

2020年は新型コロナ感染拡大を阻止するために自粛で経済が止まり、2008年のリーマンショック以来の不景気になると言われています。 しかし、リーマンショック後でも利益を伸ばしていた会社はたくさんありました。 今回は200 …


2020年5月20日

引越のお得なタイミングは1年の中でいつ?家賃や敷金・礼金が安くなる時期がある理由
引越のお得なタイミングは1年の中でいつ?家賃や敷金・礼金が安くなる時期がある理由

良い物件を安く借りるには、1年のうちでいつ引っ越せばいいのでしょうか? それは、4月中旬です。 その理由は以下の通り。 1年の中で引越の物件情報が多いのは1月〜3月。 この時期は4月の新学期に向けて進学や就職などで引っ越 …


このカテゴリのすべの記事を見る »