カードローンやキャッシングの毎月の返済額で一番多いのは「5〜10万円」、借入中の人と完済済みの人では返済額も違う

株式会社NTTデータ経営研とgooリサーチが2007年10月に行った1100人(男性796人、女性304人)に対する調査によると、カードローンやキャッシングの1ヶ月当たりの返済額で一番多いのが「5〜10万円」だったということです。

毎月、給料から5〜10万円を返済しているんですね。

住宅ローンの返済がない人なら、給料から5〜10万円の返済なら、なんとかなると思われます。

この調査ではカードローンやキャッシングで「現在、借入している人」と「過去、借入していた人」に分けて、1ヶ月当たりの返済額を掲載しています。

以下、調査結果を見やすくまとめたいと思います。

現在、借入している人の毎月の返済額

  • 1万円未満:6%
  • 1〜3万円:20%
  • 3〜5万円:18%
  • 5〜10万円:29%
  • 10〜30万円:22%
  • 30〜50万円:2%
  • 50万円以上:2%

ボリュームゾーンとしては、毎月の返済額が5〜30万円の人が一番多く、51%(29%+22%)と半数以上になっています。

毎月20〜30万円も返済している人は、給料がほとんど残らないのではないでしょうか?

もしくは、よほどの高給取りか。

過去、借入していた人(すでに返済ずみの人)の毎月の返済額

  • 1万円未満:9%
  • 1〜3万円:22%
  • 3〜5万円:23%
  • 5〜10万円:20%
  • 10〜30万円:15%
  • 30〜50万円:5%
  • 50万円以上:5%

すでに全額返済済みの人の方が、ボリュームゾーンは3〜10万円が43%(23%+20%)と低くなっています。

おそらく、全額返済してからも、その後にお金が必要となったら、少額をちょくちょく借りては返済しているのでしょう。

どうしてもお金が必要だけど、手元にない。。銀行残高もないという時はカードローンは頼りになりますからね。

少額だけ借りて、給料日やボーナスで一括返済すればOKですから。

参考:
株式会社NTTデータ経営研究所:消費者ローン利用者・利用経験者の借入に関する意識調査(2007年11月6日)
<PDFファイル>消費者ローン利用者・利用経験者の借入に関する意識調査