新年、お正月明けは年末の重なる出費と新年会、海外旅行で金欠なのでお金を借りる人が増加

年末の重なる出費に加え、新年会、お年玉など新年早々 出費が多く金欠に・・・でも年明けからケチくさい節約生活なんてしたくないっ!

年末年始は出費が多く、お正月が明けると金欠に

年末年始の出費が多く、お正月が明けると金欠に

新年、お正月が終わると、金欠になる人が多いようです。

というのも、年末年始には飲み会や忘年会、パーティーなどが多く、1年の間で一番出費が多くなります。

また、年末年始を海外で過ごす人などは、旅行代金としてそれなりの額の出費が出ます。なぜなら、年末年始は1年のうちで一番旅行代金が高いからです。

さらに、お正月には親元に帰省したり、親戚の子供にお年玉をあげたりなどなど、新年早々、出費が多いものです。

さらにさらに、お正月明けには新年会という名の飲み会があります。

年末に会えなかった人に会うために、仲間うちで飲み会を開く人も多いようです。

年末年始に食べ過ぎ飲み過ぎで体についた脂肪がまだとれていないのに、またまた暴飲暴食生活の始まりです。。

そして、体の脂肪は増える一方ですが、財布の中身は減る一方・・・。

このような理由で、お正月明けは金欠になる人が多いんですね。

だから、お正月明けにはキャッシングでお金を借りる人が増加します。

新年早々、ケチくさい節約生活なんて、誰もしたくないですからね。

年末年始は忘年会と新年会で体重は増えますが、お金が減りますよね。。

12月になると忘年会が増えますよね。そして、年が明けて1月になると今度は新年会です。

会社の同僚や仲間たちとワイワイと飲むのは楽しいですが、出費もかさみ、お財布がどんどん軽くなってしまいます。。

逆に、体重はどんどん重たくなってしまう時期ですよね、年末年始って・・・。

飲み会や食事会が増えれば、金欠気味になってしまいます。

ボーナスがたくさん出る会社ならいいですが、世の中、ボーナスが全く出ない会社もありますからね。。

また、非正規社員の人はそもそもボーナスなんてもらえません。

収入は増えないのに、忘年会と新年会で出費ばかりが増える季節が年末年始なのです。

出費は増えますが、家賃や光熱費、食事などの生活費はいつも通り必要となります。

むしろ、暖房器具を使うことが増えるので、光熱費はいつもよりも増えるケースが多いです。

こうして、この時期は多くの人が「お金がない・・・」となるのです。

仮に、ボーナスをたくさんもらった大企業社員でも、住宅ローンを組んでいたり、海外旅行に行ったりしたらすぐに金欠になってしまいます。

とにかく、年末年始って出費が増えてお金がない季節なんです。

でも、2月になればだいぶ落ち着きます。

商売をやっている人は「ニッパチはモノが売れない」とよく言います。2月と8月って消費が縮こまる時期なんですね。つまり、出費が少ない季節なんです。

だから、12〜1月の年末年始を乗り切れば、その後は大きな出費がなくなる季節になります。

そこで、年末年始を思う存分に楽しむためにも、忘年会や新年会で新たな出会いや思い出を増やすためにも、お金がなかったらローン会社で借りるという手もあります。

中には、飲み代として10万円ほど借りる人もいますよ。

仮に、10万円を実質年率18%で借りて、30日後に返済したとしても利息はたったの493円ですからね。

100000(借りた金額)×0.18÷365×10(借りた日数)=493.15….

この程度の利息をケチってまで、楽しい思い出を減らすのはもったいないですよね。人生は計画的に楽しむものですから!

正月やお盆の実家への帰省って、けっこうお金がかかりますよね?

正月にしろ、お盆にしろ実感への帰省ってすごくお金がかかりますよね。。

まず、遠方だと往復の交通費がバカになりません。家族4人で電車や飛行機での移動となるとけっこうな額になります。

そして、手ぶらで帰るワケにはいきませんから、お土産も買う必要があります。

さらに、正月にはおじいちゃん、おばあちゃんが子供達にお年玉をくれるので、お金を包んで渡したりなど・・・。

年金暮らしのお年寄りは帰省時にもらえるお金を密かに期待していますからね。

中には、「帰省時にお金を包む気遣いのできな嫁はできてない。。」と言うお年寄りもいるくらいですから。

ボーナス後とはいえ、帰省は大きな出費の大イベントでもあります。

最近では、お金がないので帰省しない、できないという家族もいるそうですね。

帰省に大きな出費をするくらいなら、家族で海外旅行でも行きたいという人もいます。

でも、正月とお盆の帰省って年に2度しかない親孝行できるイベントですからね。最低でもどちらか1回は帰省したいですよね。

育ててくれた親に実際に会いに行くってすごく重要なことだと思います。

特に、今のようなネット社会でメールやスカイプでいつでも連絡をとれる時代だからこそ、リアルに会うことの重要性が高まります。

実際に会って、同じ部屋で食事をする、会話をするだけでも十分に素敵な時間です。

ですから、金銭的に厳しくても、ちょっとムリをしてでも帰省することにはすごく意味があることだと思います。

もし、どうしてもお金が足りないならローン会社で借りるという選択肢もあります。

たとえば、15万円を実質年率18.0%で借りて、30日後に返済したとしても、利息はたったの2,219円です。

150000(借りた額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(日) × 30(借りた日数) = 2219.17…..(※小数点以下は切り捨て)

利息2,219円を払うのを渋ってまでしで、親の喜ぶ顔を見ないというのも寂しいですよね。

親が喜ぶ顔を見るためにも、困った時は計画的にお金を借りるという選択肢もあることを覚えておいてくださいね!

年末に遊びすぎると、年明け早々お財布ピンチじゃないですか?

年末って忘年会や友達との軽い飲み会があったりして、いつもよりも出費が増える季節ですよね。

あとは、冬物の洋服を買ったりして。ダウンとかコートとかけっこう高いですからね。質がいいものだと10万円近くしますからね。

さらには、年末ということで海外旅行に行く人も多いです。寒い日本から脱して、南国に行ったりして。

また、冬太りしちゃった女性などはエステに通ったり、高額な化粧品を買ったりして。

とにかく、12月ってイベントが多いので、それに関わる出費が多い季節なんですよね。

なので、年明け早々お財布ピンチな人は意外と多いのです。

そして、年始には初売りセールという大イベントがあります。

年に1回の安売りセールですから、できれば行きたいですよね。

人によっては実家へ帰省したり、親類の子供へのお年玉だったりして、年末だけでなく年始もお金が出る機会って多いんですよね。

また、新しい挑戦として習い事を始めたり、資格取得の勉強を始める人もいます。でも、習い事をするにも、資格の勉強をするにもお金が必要です。

そんなわけで、1月末の給料日までにお金がなくてお財布ピンチになってしまうんですよね。

でも、年明け早々、貧乏生活って嫌ですよね。。

年明け早々、お財布ピンチでやりたいこともやれなくて、行きたい場所も行けなくて、買いたいものも我慢して、食べたいものも我慢するなんて嫌ですよね。。

せっかくの新年なんだからパァ〜と賑やかにいきたいですよね。新年早々、我慢の連続なんて縁起悪そうですし・・・。

なので、年明け早々お財布ピンチな時は10万円くらいローン会社で借りるという選択肢も考えた方がいいと思います。

10万円あったらだいぶ違いますよね。美味しいものも食べられますし、新年の安売りセールも楽しむことができます。新年会も楽しめます。

10万円を実質年率18.0%で借りて、30日後に返済したとしても利息はたったの1,479円です。

100000円(借りたい金額)×0.18(実質年率)÷365(日)×30(借りた日数)= 1479.45….

たった1,479円の利息をケチッて、年明けを我慢の連続の日々を送るなんてバカらしいですよね。

10万円あれば、新しい年のスタートダッシュを良いものにできますからね〜!

実際、1月はローン会社でお金を借りる人が多いそうですね。