武富士、過払い金請求額が1兆3700億円、1000万円を超える顧客も

日経新聞によると、会社更生手続き中の武富士に顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還請求が最終的に90万7787件に上り、合計金額は約1兆3700億円になったということです。

中には、過払い金の請求額が1000万円を超える顧客もいたそうです。

グレーゾーン金利の部分が過払い金になるので、それだけで1000万円ということは、この顧客はどのくらい武富士から借りていたのでしょうか?

おそらく、数十年にわたってずーと借りていたのでしょう。

返済額は利息分だけで元本は減らないというありがちなパターンですね。

武富士は過払い金の請求額だけでなく、社債や退職金などの債券を加えると、負債総額は約1兆5000億円となる見通しのようです。

手持ちの不動産などを倍曲しても資産総額は負債総額を大きく下回るそうです。

つまり、過払い金を請求した顧客が手にできる返済額は大幅にカットされる可能性が高いです。

この記事にリンクする: