総量規制以後に年収の1/3すら借りられない場合は妻が借金していた可能性あり

2010年6月の改正貸金業法の完全施行以来、総量規制の導入で個人が貸金業者からお金を借りられる金額が年収の3分の1までとなりました。

つまり、年収300万円の人は100万円までお金を借りることができます。

年収600万円の人は200万円までお金を借りることができます。

そして、働いていない専業主婦はお金を借りることができなくなってしまいました。

収入のない専業主婦がお金を借りるには、必要とされる書類を提出する必要があります。

もし、年収300万円のサラリーマンが満額である100万円(年収の1/3)を借りようとして断られた場合、総量規制の導入以前に妻がキャッシングを使っていた可能性があります。

なぜなら、妻のその借金は夫の借金(世帯の借金)として計算されてしまうからです。

ただし、夫はそれを貸金業者に確認することはできません。というのも、貸金業者はプライバシーの関係で配偶者でも妻の借入状況について答えることができないからです。

ただし、傾向として旦那がこっそりキャッシングしようとする家庭では、実は妻もこっそりとキャッシングでお金を借りている場合が多いということがあるのも事実です。

消費者金融でお金を借りる契約をするとき、配偶者の氏名と生年月日のみ申告してもらうので、データベースに妻の名前が出てくることがあるのです。

知らないうちに家計が破たん状態にならないように、夫婦でケンカせずに話し合うことが必要な家庭も存在するということですね。

この記事にリンクする: