消費者金融(キャッシング)で借りたお金を返済日までに支払わなかったらどうなるのか?

消費者金融でキャッシングしたお金だけなく、銀行のカードローンでもクレジットカードのキャッシング枠でもお金を借りたら「この日までに返済してね!」という返済期日が決められます。

では、返済日までに支払わなかったらどうなるのでしょうか?

ドラマや映画の影響で、未だに怖い人が家まで取りに来ると思っている人がいるようですが、それはヤミ金融の話です。

というか、最近ではヤミ金ですら強引な取り立てはしません。ソフトに長く細く取り立てます。

返済日までに決められた額を返済しないと、まず最初に、お金を借りた会社から入金をお願いする督促の電話と手紙が来きます。

ただ、電話と手紙が来るだけなのです。

そして、何らかの理由で返済できずに延滞してしまうと、その後は一定期間、新たにお金を借りられなくなります。

支払いの延滞情報が信用情報機関に記録され、それが消えるまではキャッシングもクレジットカードも利用できなくなってしまうのです。

つまり、信用情報が悪化し、その後は本当にお金を借りたい時に借りられなくなってしまうかもしれないのです。

ですから、「電話と手紙だけなら返済しなくてもいいや」なんて気軽に考えずに、延滞せずに計画的に返済するプランを考えるようにしましょう。

もしどうしても返済できない場合は、自分から連絡し、返済できる額だけでも返済する姿勢を見せることが大切です。

貸金業者は必ずあなたの相談を親身になって応じてくれますから。

この記事にリンクする: