住宅ローンが払えなくなりカードローンや消費者金融で不足分を埋めようとする人

Yahoo!ニュースに「ローンの支払いがピンチ。どうすべきか」という記事があります。

一部引用します。

思うように転職できない、鬱病で失業したなどの理由で住宅ローンの返済が難しくなることがある。妻がパートに出るなどして乗り切る人もいるが、カードローンや消費者金融に頼って不足分を埋めようとする人も少なくない。ほかから借りてまで住宅ローンを返すのは、厳しい取り立てにあう、家を失うなど、遅滞したら大変と考えるためである。

私が思うに、住宅ローンの返済が何らかの理由で難しくなった時に、カードローンや消費者金融で不足分は埋めるのはあまり現実的ではないと思います。

その1回分で済むのなら銀行カードローン消費者金融という選択肢もあるかもしれませんが、長期的に返済が困難だと思われる場合は、まず考えるべきは住宅ローンの借り換えです。

住宅ローンの借り換えで人によっては数百万円の差が出る場合もあるので、毎月の負担を減らせる可能性があります。

住宅ローンのような大きなお金の場合は、安易にカードローンや消費者金融で不足分を埋めようとしない方が得策だと思います。

この記事にリンクする: