今の銀行カードローンは貸金業法改正以前の消費者金融の審査基準で借り入れできる

ビジネスジャーナルというニュースサイトに三菱東京UFJ銀行とアコムに関する興味深い記事がありました。

三菱東京UFJ銀行員が銀行のローン商品の審査基準について以下のように語っています。

実質的には、銀行は名前と場所を貸し付けているだけ。なので、利用者側から見れば、貸金業法改正以前の審査基準で、銀行のローン商品の利用、すなわち借り入れが可能というわけだ。キャッシング商品、それから消費者金融で借り入れ額が多額の人でも、銀行のローン商品ならば融資が可能というケースは多々見聞きする。過去、個人が銀行から融資を受ける際は、かなり厳しい審査基準があったものだが、今の銀行のローン商品は、かつての「サラ金」の基準での貸し付け。審査基準は甘い。

今の銀行カードローンは2010年6月に完全施行された改正貸金業法以前の審査基準で借りられると語っています。

その他、ざっと気になった点をピックアップしてみたいと思います。

  • 銀行側は個人融資のノウハウがないので、保証会社となっている消費者金融のノウハウで運用されている。
  • 消費者金融のノウハウで運用されているので、従来の融資業務では考えられない緩い審査基準になっている。
  • 審査基準は固定電話があり、家族構成、勤務先での勤務実態が確認できれば、多少、借り入れ額が多くとも、貸し付けは可能。
  • 新規の借入の申し込むを受けたら、まず日本信用情報機構などの信用報機関でその利用者の情報をチェックし、融資できる金額を決める。
  • 新規の申し込みの場合は、過去に延滞などが多かったり、債務整理や自己破産などを行っていなければ、ほぼ通る。

銀行カードローンというと、「審査が厳しい」というイメージがありますが、それは利用者が勝手に作ったイメージなのかもしれません。

そもそも銀行も企業ですから、利益を上げなければいけません。

利益を上げるには多くの人に利用してもらう必要があります。つまり、多くの人にお金を借りてもらいたいのです。

お金を借りてくれる人が増えれば、その分、銀行の利益も増えます。

パン屋が多くの人にパンを食べてもらえば利益が増えるのと同じです。

今まで、「銀行ローンの審査基準は厳しい」と安易に考えていた人は、オリックス銀行カードローン楽天銀行カードローンに融資を申し込んでみてはいかがでしょうか。

※この記事を読んで人は以下の記事もオススメです。

改正貸金業法以降、銀行は個人向け融資(無担保・無目的ローン)を強化している

銀行のローン商品は消費者金融で借りられなくなった人のための受け皿

改正貸金業法から1年経過した消費者向け無担保貸付市場、カード会社と消費者金融は減少、銀行は横ばい

参考:
ビジネスジャーナル:三菱東京UFJ銀行員「ローン審査ゆるゆるで、アコムに丸投げ」

この記事にリンクする: