ヤミ金「090金融」の手口とチラシから闇金を見破る方法

最近では店舗や固定電話を持たず、携帯電話やPHSの電話番号のみで営業する違法な貸金業者、つまりヤミ金が増えています。

携帯電話のみを使うことから「090金融」などと呼ばれています。

「090金融」でお金を借りると、元金を返済させないようにさせ、ひたすらお金をむさぼり取られてしまいますので絶対に利用してはいけません。

ヤミ金「090金融」の巧妙な手口

「090金融」の手口を紹介します。

たとえば「明日の朝10時までに返済すればいいよ」と言われても、「090金融」は電話には出ません。

そして、「お前は10時に電話してこなかった。」とイチャモンを付け、元金を受け取らず「利息だけ払え」と言ってきます。つまり、元金に充当させてくれないのです。

嫌がらせもしてきます。たとえば、出前は常套手段の1つです。

頼んでもいない寿司やピザの出前が届きます。ひどくなると、デリヘルも届きます。最後には葬儀屋が届きます。

チラシも巧妙に作られています。

たとえば、大手消費者金融のチラシを一部(名前や電話番号)だけ変更して作っていたりします。

そのチラシにはタレントはそのまま載っているのです。だから、信じてしまう人もいます。

チラシから「090金融」を見破る方法

貸金業者のチラシには必ず「貸金業者登録番号」を記載しなくていけないと法律で決まっています。

「貸金業者登録番号」とは「第00610号」というような5桁の番号です。

正規の貸金業者なら必ずチラシだけでなく、ホームページにも載っています。

なので、チラシに「貸金業者登録番号」があるかどうかをチェックします。

もし記載されていなければ、そのチラシの業者は闇金融です。

次に、チラシに「貸金業者登録番号」が記載されていても安心してはいけません。

その番号は偽造された番号の可能性があるからです。

その番号が本当の「貸金業者登録番号」かどうかをチェックするには、金融庁が提供している以下のホームページで調べることができます。

登録貸金業者情報検索入力ページ

このページの「登録番号」の「第□□□号」の「□□□」にその番号を入力して、「検索開始」ボタンをクリックします。

次のページで「検索の結果該当するデータは見つかりませんでした。」と出たら、その「貸金業者登録番号」は本物ではないので、そのチラシの貸金業者は闇金ということになります。

つまり、テレビCMなどをやっていない知名度の低い貸金業者からお金を借りる場合、必ず「貸金業者登録番号」を確認するということです。

当サイトでは知名度は低いけど「日本貸金業協会会員」に登録している正規の貸金業者も紹介していまので、参考にどうぞ。

この記事にリンクする: