クレジットカードのリボ払いが最終的にはすごく損する理由

クレジットカードで大きな買い物をすると、一括払いでは厳しくなる時があります。

私も若い頃、20万円ほどのノートブックパソコンをクレジットカードで一括払いで買ったのですが、現金が足りなくなり、そこからリボ払い生活がはじまりました。

その後、かなりの月日をかけて返済しました。自分でも総額でどのくらい返済したのか分かっていません。。。

というのも、リボ払いにすると、月の返済額は少なく済む分、返済総額はなかなか減らないからです。

リボ払とは

リボ払いとは月の返済額を固定する支払い方法のことです。

たとえば、月の支払い額を1万円とか5000円に固定します。

そして、この支配い額に金利を足した合計が実際にあなたが支払う金額になります。

金利を支払う分、一括で支払うよりも損するわけです。これは分割払いと同じです。

【20万円】を【月1万円の返済】【15%の金利のリボ払い】で返済する場合

毎月のリボ払いの返済総額は【1万円】+【金利】です。

リボ払いの金利が15%なら、1ヶ月目の金利は

20万円×15%÷12カ月=2500円

となります。

つまり、1ヶ月目の返済総額は1万2500円です。

2ヶ月目はまだ返済し終わっていない19万円に対する金利を支払うことになります。

19万円×15%÷12カ月=2375円

つまり、2ヶ月目の返済総額は1万2375円です。

こんな感じで金利を計算していくと、20万円を金利15%のリボ払いで返済した場合の返済総額は以下のようになります。

20万円を金利15%のリボ払いで返済した場合
支払回数 金利 月の支払額 支払総額 支払残高
1回目 2500 12500 12500 19万円
2回目 2375 12375 24875 18万円
3回目 2250 12250 37125 17万円
4回目 2125 12125 49250 16万円
5回目 2000 12000 61250 15万円
6回目 1875 11875 73125 14万円
7回目 1750 11750 84875 13万円
8回目 1625 11625 96500 12万円
9回目 1500 11500 108000 11万円
10回目 1375 11375 119375 10万円
11回目 1250 11250 130625 9万円
12回目 1125 11125 141750 8万円
13回目 1000 11000 152750 7万円
14回目 875 10875 163625 6万円
15回目 750 10750 174375 5万円
16回目 625 10625 185000 4万円
17回目 500 10500 195500 3万円
18回目 375 10375 205875 2万円
19回目 250 10250 216125 1万円
20回目 125 10125 226250 0円(完済!)

上記のように、利息の合計は2万6250円です。

支払総額は22万6250円です。

もし、金利18%のキャッシングで20万円を借りて、3ヶ月後にボーナスで返済したらもっと安い支払総額で済むことになります。

しかも、最近はどこの消費者金融もはじめの人は30日間無利息だったりするので、簡単にクレジットカードのリボ払いをするのではなく、キャッシングも選択肢の1つに入れて冷静に支払金利を考えるべきだと思います。

この記事にリンクする: