あるクレジットカードで支払いが遅れると、他のカードが使えなくなる理由

今の時代、複数のクレジットカードを持つのが当たり前になっていますが、1枚のクレジットカードで支払いが遅れが続くと、他のカードが使えなくなることがあります。

なぜなら、「信用情報機関」を通じて各社が情報を共有しているからです。

Aというクレジットカードで長期延滞をすると、BというクレジットカードもCというクレジットカードもその情報を知ることになります。

すると、BやCのカードでは支払いが遅れていないにも関わらず、利用停止になってしまうことがあるのです。

元々、「信用情報機関」は消費者金融やクレジットカード会社、銀行など業界ごとに別々に作られていました。

そのため、クレジットカードで長期延滞をしても、消費者金融や銀行カードローンではお金を借りられることもありました。

しかし、改正貸金業法が成立・公布されて以来、このようなことはできなくなっています。

なぜなら、業界を超えて、各社は借入金額や過去の延滞の有無といった顧客情報を共有し、きちんと管理しているからです。

そして、「信用情報機関」の信用情報は消費者金融銀行カードローン、クレジットカードの審査だけでなく、住宅ローンや車のローン、携帯電話の分割支払いを組む際にも参照されます。

延滞情報は数年たてば信用情報から消えますが、このような理由から、なるべく延滞はしないようにしたいものです。

この記事にリンクする: