家賃の引き落としに間に合わない!支払いが遅れて家賃滞納しないためにお金を借りる

不景気だろうと家賃だけは払う必要があります・・・

家賃の引き落としに間に合わない!家賃の支払いが遅れちゃう・・

家賃の引き落としに間に合わない!家賃の支払いが遅れちゃう。家賃滞納しないために

誰でも事情はそれぞれですが、金欠の時はあります。

会社がいきなり倒産してしまったり、リストラにあってからなかなか次の仕事が見つからない人もいます。

でも、自分が住んでいるマンションやアパートの家賃だけは払う必要があります。

次の仕事やバイトは見つかったけど、家賃の支払日までに間に合わないという人もいるでしょう。

そんな時は、とりあえずの危機的な状況を解決する方法として、お金を借りるという選択肢もあることを忘れないで下さい。

最近は30日間無利息キャンペーンをやっている消費者金融も増えてきました。

30日以内に返済すれば、ただでお金が借りられるということです。

もちろん、家賃滞納も防げます。

また、総量規制に引っかかってしまい、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠でお金が借りられない人は、総量規制対象外の銀行のカードローンもオススメです。

これからの銀行は個人のお客を増やしたいと考えていますし、低金利なのも魅力的です。

家賃滞納を1度でもすると、家主(大家さん)からの信頼を失います。

数回続けてしまうと、「次の家賃を●●日までに支払えなかった場合は1週間以内に退去する」などと書かれた念書にサインを求める大家さんもいるそうです。(ただし、家賃を滞納しているのではなく数日遅れで支払っているなら、念書にサインすることは法的に拘束力はありません。)

また、そこまでしなくても、連帯保証人になっている親に連絡をする大家さんや管理会社もあります。

そうなると、親に余計な心配をかけてしまうことになります。

お金を借りて防げるなら、そうした方が利口です。

「家賃の引き落としに間に合わない・・・」「家賃の支払いが遅れちゃう・・・」と焦っている人は、「お金を借りて乗り切る」という選択肢も忘れないでください。

このページを読んでいる人はこちらのページも読んでいます↓
使途自由のフリーローンでお祝い、自己投資、教育資金、旅行、病気などの予期せぬ出費に備える