はじめて銀行カードローンやキャッシングでお金を借りる時に知るべきこと

もし、あなたがはじめてお金を借りるなら、最低でも以下の4点は知っておくべきことです。

  1. 改正貸金業法でグレーゾーン金利が撤廃し上限金利が20%

  2. 総量規制の導入で融資額が年収の1/3までに規制

  3. 総量規制の対象外(除外・例外)になる借金やローン

  4. 専業主婦がお金を借りる時に必要となる書類

当サイトの人気ランキング TOP5

1位 プロミス
ダントツでオススメ!30日無利息!
実質年率4.5%〜17.8%、限度額500万円
プロミスレディースはこちら »
2位 アコム
オススメ!30日無利息!
実質年率4.7%〜18.0%、限度額500万円
3位 東京スター銀行
おまとめローン
実質年率5.8%〜14.8%、最高おまとめ借り入れ額1000万円
4位 イオン銀行カードローンBIG
専業主婦もOK
実質年率3.8%〜13.8%、融資額30〜800万円
5位 新生銀行レディースレイク
主婦、パートもOK
実質年率4.5%〜18.0%、融資額1〜500万円
6位 スルガ銀行
実質年率3.9%〜14.9%、最高融資額800万円
7位 ジャパンネット銀行
実質年率2.5%〜18.0%、最高限度額1000万円

まずは改正貸金業法と総量規制について理解しましょう!

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され年収の1/3までしか借入れができない総量規制が導入されました。

2010年6月18日を境に、お金を借りるルールが変わりました。

貸金業法が改正され(「改正貸金業法」と呼ばれています)、グレーゾーン金利が撤廃し、お金を借りる時の金利の上限が29.2%から20%に下がりました。

上限金利が29.2%から20%に下がる

また、同時に「総量規制」が導入されました。

総量規制とは、無理な借金を抑えるために、融資額(借りることができる額)を年収の3分の1までに抑えるという法律です。

借りられる金額を年収の3分の1までに制限

ただし、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠、住宅ローン、自動車ローンなど総量規制の対象外になる借金やローンもあります。

それゆえ、銀行は個人の無担保・無目的ローンの融資を強化しています。

総量規制によって一番影響を受けているのは、働いていない専業主婦と言われています。

専業主婦が貸し入れをする時は、夫の同意書などの書類の提出が必要になりました。

その他の総量規制に関することは、よくある質問をご覧ください。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

銀行のカードローンは総量規制の対象外

総量規制の対象となる借り入れは「消費者金融などの貸金業からの融資」と「クレジットカードのキャッシング枠」で、銀行のカードローンは対象外になります。

もし、消費者金融やクレジットカードでの借り入れができない場合は、銀行のカードローンで借りることをオススメします。

というのも、銀行は個人への融資を強化しているからです。

銀行は個人向け融資・無担保ローン・無目的ローンを強化

銀行のカードローンのメリットとしては、消費者金融よりも金利が低いことです。

ただし、審査は消費者金融よりも厳しくなります。

イオン銀行カードローンBIG »

専業主婦も借りれる

実質年率:3.8%〜13.8%
ご融資額:最高800万円
詳細

新生銀行カードローン レイク »

実質年率:4.5%〜18.0%
ご融資額:1〜500万円
新生銀行グループ
詳細

オススメのキャッシング会社

30日間無利息、利息0円

最近の消費者金融は、新規の人を対象に金利0円の30日間無利息サービスを積極的に展開しています。

30日間無利息ということは、30日以内に返済すれば、タダでお金を借りることができるということです。

プロミス

プロミス »

実質年率:4.5%〜17.8%
ご融資額:1〜500万円
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
詳細

アコム

アコム »

実質年率:4.7%〜18.0%
ご融資額:1〜500万円
三菱UFJフィナンシャルグループ
詳細

アイフル

アイフル »

実質年率:4.5%〜18.0%
ご融資額:1000円〜500万円
詳細

モビット

モビット »

PCからWEB完結申込なら電話連絡と郵便物なし
実質年率:3.0%〜18.0%
ご融資額:1〜800万円
三井住友銀行グループのモビット
詳細

当サイトでは信頼のおける貸金業者しか紹介しておりませんので、当サイトで紹介している会社からお金を借りれば安心です。

大手ローン会社で審査に通らない場合

女性のためのキャッシング・レディースローン

女性専用レディースローン

OLや主婦の場合は、女性専用のレディースキャッシングがオススメです。

アルバイトやパートをして安定した収入があるならば、主婦でも借り入れすることができますよ。

女性専用レディースローンにも30日間無利息があるので、上手に使いたいですね。

レディース プロミス

レディース プロミス »

実質年率:4.5%〜17.8%
ご融資額:1〜500万円
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
詳細

新生銀行カードローン レディースレイク »

実質年率:4.5%〜18.0%
ご融資額:1〜500万円
新生銀行グループ
詳細

複数の金融機関からお金を借りている人へ

おまとめローンの3つのメリット!

もし、アナタが複数の金融機関からお金を借りていて返済に困っているなら、1つの金融機関に借り入れをまとめる「おまとめローン」をオススメします。

おまとめローン」には次の4つのメリットがあります。

  1. 月々の返済額が減る

  2. 金利(実質年率)が下がる

  3. トータルの返済額も減る

  4. 返済日が月に1日だけなので精神的にも楽になる

東京スター銀行 おまとめローン »

お借り入れ利率:年率5.8%〜14.8%(保証料を含む)
お借り入れ金額:30万円以上1,000万円以下(1万円単位)※お申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限ります。
詳細

イオン銀行のイオンアシストプラン »

おまとめローン 詳細
【ご融資額】最大700万円
【実質年率】3.8%〜13.5%

中央リテール »

おまとめローン
【ご融資額】最大500万円
【実質年率】10.95%〜13.0%

予期せぬ出費に備えよう!
使途自由のフリーローン

予期せぬ出費に使途自由のフリーローンで備える。

使途自由のフリーローンを持っておけば、日常生活の中の様々なシーンで利用できるので便利です!

  • 友人との付き合い
  • 友人や親類のお祝い事
  • キャリアップを目指した自己投資
  • 子供の教育資金
  • 家族や友人や会社の同僚との旅行
  • 病気やケガなどの医療費

といった予期せぬ出費に事前に備えることができます!

事業資金の調達
個人事業者に対する貸付けは総量規制の対象外

ビジネスに関する貸付けは総量規制の対象外

あなたが自分で個人事業者として事業をやっていて、すでに年収の3分の1を超える借り入れがあったとしても、事業計画等に照らし返済能力があると認められれば、追加の融資を受けることができます。

なぜなら、「個人事業者に対する貸付け」は総量規制の対象外(例外項目)だからです。

そもそも、総量規制とは個人がお金を借り入れる行為、つまり「消費者金融からの貸り入れ」と「クレジットカードのキャッシング枠での貸り入れ」に対してなされる規制です。

だから、法人の場合の事業資金調達も当然、総量規制の対象外となります。

不動産担保ローン

不動産担保ローン

あなたが不動産を所有しているいるなら、不動産を担保にして貸入れができる不動産担保ローンという選択肢もあります。

不動産担保ローンなら、不動産という流動性の低い資産を担保に、現金という流動性の高い資産を手に入れることができます。

また、不動産担保ローンには以下の3つの特徴もあります。

  1. 不動産という担保があるので、無担保に比べて低金利。

  2. 不動産という担保があるので、まとまった金額の借り入れも可能。

  3. 不動産という担保があるので、総量規制の対象外。

不動産担保ローンで有名なところでは、住信SBIネット銀行の「不動産担保ローン」SBIホールディングス「イー・ローン」の不動産担保ローン一括申込などがあります。

こんな時に上手にお金を借りたいですね。

日常の様々なケースでお金が必要なんです。

当サイトをご利用するにあたって

当サイトの情報は、2014年1月23日時点での情報になります。時間の経過と共に変化する内容もございますので、必ずご自身で最新の情報をご確認お願いします。

また、当サイトに掲載されている情報に事実と異なる情報がある場合は、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。